野口悦士

略歴

ETSUJI NOGUCHI : PROFILE

野口悦士 ETSUJI NOGUCHI

1975年	埼玉県生まれ 1999年	陶芸を志し、種子島に渡る 2006年	中里隆氏に師事 2007年 中里隆氏と二人展 2008年 スイッチバックキルン築窯、初窯 2011年 米・北アリゾナ州立大学にスイッチバックキルン築窯 2013年	信楽・陶芸の森にスイッチバックキルン築窯

1975 Born in Saitama, Japan 1999 Moved to Tanegashima for getting started in Pottery 2006 Began studying under Takashi Nakazato 2007 Two person exhibition with Takashi Nakazato 2008 Finished building the first Switchback kiln 2011 Built the switchback kiln in	Northern Arizona University in USA. 2013 Built the switchback kiln in Shigaraki Ceramic Cultural Park

種子島焼とは、

もともと種子島にあった能野焼(よきのやき)を復活させようと考えた島の有志が、陶磁学者の小山富士夫先生に相談し、小山の推薦によって来島した中里隆先生がはじめたのが種子島焼です。命名は小山先生によるもの。鉄分の多い土を生かした、うわぐすりを使わない焼き〆が中心で、原始的な、土と炎との造形が特徴です。

ABOUT “TANEGASHIMA-YAKI” A pottery style started by Takashi Nakazato. Its features are made of iron-rich clay and finishing without glazing. Once people in tanegashima asked Fujio Koyama(a ceramics scholar) about reconstruction of ''Yokino-yaki'',then he reffered them to Takashi Nakazato.The term of ''Tanegashima-yaki''was coined by Fujio Koyama.

スイッチバックキルンとは、

野口悦士考案の、傾斜がなく水平で、両方向に焚口と煙突がある切り替え式の窯です。焚いている途中に炎の方向を反転させることができます。火前が2倍になり、比較的薪も時間も少なくて焼くことができるようです。

SWITCHBACK KILN This pottery kiln invented by Etsuji Noguchi is unlike the traditional climbing kiln,rather sits flat on the ground.It has furnace doors and chimneys on both side to switch over the direction of fire in the kiln.It can fire the pottery in a relatively shorter time using less wood.

物静かで力強い。プリミティブでモダン。どの地域で、いつの時代につくられたものかもわからない。そんなものがつくりたい。

うつわはあくまで脇役。料理をもった時、花を一枝いれたとき、ハッとする美しさを演出できたらいいなと思っています。

Quiet, and strong.Primitive, but modern.I want to make everlasting “Utsuwa”.''Utsuwa''is a supporting role.Whenfilled up with cuisine,or put a flower,my effort seeks simply to collaborate on manifesting daily inspiration and resonant beauty.

写真:渞 忠之 / photo : tadayuki minamoto

Page Top へ