野口悦士

情報

ETSUJI NOGUCHI : INFORMATION

2024 | 02 | 27

白い角瓶


ボケが満開です

2024 | 01 | 29

potter’s table 0128


鯵のなめろうを
継いでいただいた白釉の鉢に

紅心大根のぬか漬けを
やきしめに

鯵のほねあたまでひいた出汁で炊いた
小松菜と油揚げを
油揚げ色の茶トラに

 

 

 

 

 

 

 

 

自在庵 個展

2024.01.24wed-01.30tue

群馬県桐生市

 

 

 

 

AMUAMI

2024.01.24wed-01.30.tue

https://www.mistore.jp/store/nihombashi/shops/living/living_stationery/shopnews_list/shopnews0110.html

日本橋三越本館5F

2024 | 01 | 20

potter’s table 0119


種子島のやきしめ

デンマークのやきしめ

ぬか漬け

里芋のポテサラ

 

 

 

 

 

 

 

 

自在庵 個展

2024.01.24wed-01.30tue

群馬県桐生市

 

 

 

 

AMUAMI

2024.01.24wed-01.30.tue

https://www.mistore.jp/store/nihombashi/shops/living/living_stationery/shopnews_list/shopnews0110.html

日本橋三越本館5F

2024 | 01 | 15

potter’s table 0115


今日も酒のあては、いつも糠漬け。
ぬか漬けの風味が大好き。

 

でもサラダ感覚でもりもり食べたいので
あまりしょっぱくならないように。
このあたりの匙加減、微妙ですが。

 

でも。
浅漬けでも、古漬けでも。
すりごまにオリーブオイルとしょうゆタラタラ、すると。
どちらにふれてもおいしい。

ぬか床はじめて20年くらいになりますが、
はじめてから5年ほどたった頃、
そんな食べ方を
師匠に教えていただきました。
それからずうっと
食べ続けています。

 

 

今日の糠漬けは、
見た目なんとなく似てますが、
紅心大根と五木赤大根。
中が赤くて外が白、

中が白くて外が赤、
が実はおもしろい。

 

デンマークの土のやきしめ
北欧南蛮の器に。

 

 

My sake accompaniment is always nukazuke, a favorite with the flavor of rice bran pickles.

 

But I want to eat it in a salad-like way, so I don’t want it to be too salty. It’s a delicate balance around here.

 

However, whether it’s lightly pickled or well-aged, when you mix it with ground sesame, olive oil, and a bit of soy sauce, it becomes nicer no matter how it is.

 

About 20 years ago,
I started making nukadoko (rice bran bed) and learned this way of eating from my mentor about 5 years later after beginning,
I’ve been eating it ever since.

 

Today’s nukazuke looks similar in appearance, but it’s made with red-hearted daikon and itsuki-aka daikon. The inside is red and the outside is white, or the inside is white and the outside is red, which is actually quite interesting.

 

Served in a unglazed vessel made with Danish local clay from Jutland.

and I call it hokuou-namban
(Nordic yakishime)

2024 | 01 | 11

0111


梅の蕾が開き始めました。
春遠からじ。

Page Top へ